トップページ

信州大学工学部物質化学科 新井・清水研究室

 当研究室では特に“めっき(電析)”による機能性材料の開発に取り組んでいます。“めっき”は現在、パソコン、携帯電話、スマートフォンをはじめとするすべての電子・半導体機器に不可欠なテクノロジーであり、ナノ材料や蓄電池材料等の作製手法としても期待されます。また、カーボンナノチューブ(CNT)用いた「金属/CNT複合膜」や「ナノ金属粒子修飾CNT」等の材料を“めっき”により作製し、それらの蓄電池材料、燃料電池材料、ディスプレイ材料、耐摩耗材料、熱・電気伝導材料等への応用を検討しています。最近では、基板ー電解質界面の電析現象の解明や、蓄電池材料の反応解析、マルチマテリアル化を指向した金属ー樹脂接合用粗面化基板の創製にも取り組んでいます。